醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

原稿用紙

向田邦子を読んで、シナリオを実際に書いてみる授業を受ける。初めて二〇〇字詰め原稿用紙なるものを手にする。かつてB5版の四〇〇字詰め原稿用紙を使っていたので、小ささがなんだか懐かしい。四〇〇字詰よりマスが大きいので書きやすいぞ。

学校で一人一台パソコンを使えるようになってから、文章を書くときはほとんどキーボードを使っていた。ブラインドタッチに馴れてしまえば、考える早さで文章が書けるのでとても楽になる。手が痛くなることもほとんどない。

だけれど、何かが足りない。それは一体、なんだろう。

なんとなく、原稿用紙を買ってみる。サインペンで枡を埋めてみる。最初はじれったく感じる。だけれどそのうち、一字一字を丁寧に書くゆったりとしたリズムが愛おしくなる。

マシンガンのようにキーボードを叩き生まれてきた言葉は、薄っぺらい。その薄っぺらさがいいときもある。でも、一文字一文字に力を入れて書く文章を大切にしたいと思う。

夏目漱石が使っていたような豪奢な原稿用紙に憧れる。でも、書いていてホッとするのは、生協の何の装飾もないまっさらな升目であったりする。