醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

句。読、点

一日に句読点をうつこと。

ともすればたらたらと過ぎていってしまう一日に。忙しさにかまけて走り去ってしまう一日に。ふっ、と息をつく時間が欲しい。

私の句読点は喫茶店だ。例えば昼休みに。何処かへ出掛けた帰りに。いたたまれない夜に。ベルを鳴らしてドアを開け、ソファーに腰掛ける。気難しそうなマスターが、小さく笑顔をつくってコーヒーを淹れてくれる。または気さくなママが、さりげなく話しかけてくれる。

一杯のお茶を飲む時間は「、」。軽く食事をするときは「。」。

その一日に些細な区切りをつけて、軽やかに席を立つ。