醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

ぶらりと黄昏のなかを散歩する。太鼓の音につられて境内にのぼる。秋祭りだ。

地元秋祭りはこじんまりとしている。浴衣を着て踊っているのは地元の奥方。ブロンドの留学生も飛び入りしている。狂ったように踊っている日本人学生もいる。

缶ビールとお好み焼きを買って、傍から見ていた。混ざる機会を窺ううちに、祭りはぱたりと幕を降ろす。