醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

WA-O!

「たべるうたうWA-O」の集いにおじゃました。うつわ家の祥見さん*1率いる、コバカバ*2ファミリーの高知への旅。記録を大社優子さん*3の写真展やスライドショーでたどる。

力強い高知の緑。夏の光り。元気でつやつやした野菜。色とりどりのみんなのワンピース。笑顔。

見ていて、なんだか泣きそうになる。あたりまえのことを、あたりまえに過ごしていけること。

みんなで好きな食材をわいわい言いながら買って、みんなでエプロンしめて料理する。大きなお皿にどっさり盛って、まるく輪をつくって食べる。ギターやバンジョーをかき鳴らして、みんなで歌をうたって、踊って。

たべること、うたうこと。みんなで笑うこと。

そんなことが、難しい世の中になってしまった。何を食べたら安全か、どこに住んだら安心か、わからない。隣に住んでいる人の顔はよく知らない。声を荒げて、とんがってでも主張しないと、命すら守れないかもしれない。

生きることは、けっこうシンプルなことなのだ。もう一度、原点にもどってみよう。楽しく生きる輪をちょっとずつでもひろげていこう。

スライドショーの後にYUKKOシェフの美味しいご飯。丁寧に作られた器で、みんなで食べる。みんなで笑う。ちびっこたちが元気に走り回る。今夜もまんまるな月が、羨ましそうにこっちを見ている。

*1:http://utsuwa-shoken.com/index.html

*2:http://twitter.com/COBAKABA

*3:http://www.duco.jp/