醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕お帰り

f:id:mia-nohara:20170412170716j:plain

  • ひさ/″\きて
  • 波音の
  • さくら花ざかり
  • 山頭火

布団で暴風雨の音を聞いていたが、出掛ける頃には晴れてきた。コンビニでタラコと鮭のおにぎりを買って霞ヶ関へ。電車の中でいくつかKindleの本を買った。

風がふいた、笠どころか、からだまで吹きまくるほどの風だ、旅人をさびしがらせるよ。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

セミナーに参加。初めて「Notability」を使ってiPadでメモを取る。

Notability

Notability

  • Ginger Labs
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

鎌倉へ戻る。駅前のスタバでフィローネを頼んで小腹を満たす。ジロウと合流。あさつきは満員で入れず、とのやまへ。日本酒一杯、お通しはヒジキの白和えとタラコ。タコ刺し、トリ、レバー、シロ。ヒグラシへ異動して冷酒、塩豚の白ワイン煮。

「お帰り」と言ってもらえるのはうれしい。鎌倉は帰って来る場所になったのだと思う。

スーパーとコンビニで買い物をして、赤ワインを少し飲んで寝る。