醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕最強に辛い担々麺を注文する

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20181205141018j:plain

  • 買ふことはない
  • 店を見て
  • まはつてる
  • 山頭火

……たゞこの二筋につながる、肉体に酒、心に句、酒は肉体の句で、句は心の酒だ、……この境地からはなか/\出られない。……

種田山頭火 行乞記 (一)


神無月廿八日、晴れ。

夢の中で、大学を出た後もう一度高校に通うことになっている。黄色い膝上のスカート、白いシャツ、グレーのベスト、黄色のリボン、紺のブレザーの制服。男子はグレーが基調で、ネクタイの色は臙脂や紺、深緑などから好きな色が選べるらしい。

その高校は天文学が専門で、大学のように単位制だ。入学初日は8時半までに登校しなくてはいけなかったのだが、制服のリボンがうまく結べないし、持って行く荷物がまとまらない。「遅刻しそうだから悪いけれど車で送ってくれない?」と母に言ったけれど、「私もこれから出勤なんだから」と断られる。

遅刻して10時頃登校する。クラスメイトはもう帰宅している。部活の時間のようだ。教師に案内されて、中庭を見て廻っている。私の名札には「井上」と書いてある。母がまた、新しい名前を名付けたようだ。

このところ、リアルな夢を見ることが多い。一昨日はアメリカの空港から「Cトレイン」という名の海底バスで日本を目指していた。イギリスの2階建てのバスみたいに背が高い車両は、しかし1階建てでやたら天井が高いだけなのだ。海底につくられた世界は太陽こそ出ないものの、夕方くらいには明るくて草が覆い茂っていた。

その次の日は、主演で石川啄木の役を演じている夢。セリフがなかなか覚えられない。

8時過ぎに起きる。紅虎餃子房で最強に辛い担々麺を注文する。具は、ほとんど唐辛子。あとパクチー。ジロウは山椒の効いた胡麻の担々麺で、こちらもそれなりに辛かったようだ。

八幡様を詣でる。外国人観光客でにぎわっている。珍しく早い時間帯に来たので、丸山稲荷にも挨拶をする。

小町通りの鬼頭天薫堂へ立ち寄る。文香を探していたのだけれど、これはというものには出会えず。

島森書店へ。探していた本が入荷されていたのでめくってみたけれど、いまいちぴんと来ず。

わたしは王  自己中こそが宇宙ののぞみ

わたしは王 自己中こそが宇宙ののぞみ

目の真力(まりょく) 目で見る想いこそが創造のしくみ

目の真力(まりょく) 目で見る想いこそが創造のしくみ

筍へ。びんちょうネギマ鍋、太刀魚の炙り刺、小松菜と炒り玉子のあえもの、日本酒。