醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕さくらにふる雨

f:id:mia-nohara:20170409115635j:plain

  • 春風の
  • ボールにうたれた
  • (行乞途上)
  • 山頭火

さくらを見に千葉へ。あいにくの雨だが、雨に散るさくらは美しいと思う。濡れた舗道に散らばる花びら。

花、花、花だ、満目の花だ、歩々みな花だ、『見るところ花にあらざるはなし』『触目皆花』である、南国の春では、千紫万紅といふ漢語が、形容詞ではなくて実感だ。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

鎌倉駅で焼きたての惣菜パンと珈琲を買った。グリーン車でのんびりと向かう。少し仕事。珍しく少し高級なランチをいただいたら、物足りなくて夕方にラーメンをすすってしまった。

千葉は、遠いようでいてとても近い。東京湾のすぐ向こうに見えるくらいに。

戻ってきて駅前のスタバで仕事。20時に切り上げてヒグラシへ。サノさんとひとみさんのコンビ。塩ウニとパルミジャーノチーズ、よっぱらい鶏。他のお客さんの余した熱燗をいただく。4合。おおいに酔っ払う。