読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

瀬戸内晴美 「中世炎上」

中世炎上 (新潮文庫)

中世炎上 (新潮文庫)

室町時代、後深草院二条という女房によって書かれた「とはずがたり」。この手記は昭和十五年になってようやく時代の光を浴びました。この「とはずがたり」に脚色を加えたのが瀬戸内晴美の「中世炎上」です。

物語は、原作には詳しく描かれていない、後深草天皇と二条の母「すけだい」の恋から始まります。まるで源氏物語の若紫のように、後深草院の愛人となった二条。院の寵愛を受けた彼女には、人に語ることの出来ない隠された恋がありました。それも、ひとつやふたつではなく。

後深草院、雪の曙(西園寺実兼)、有明の月(性助法親王)、亀山院、鷹司兼平。名だたる男たちの妄執を受けた二条は、それだけの美貌と才覚を持った女だったのでしょう。彼女の人生を垣間見ていると、「モテる」ことは羨ましいことではないのだとつくづく思います。愛欲の罪を重ね、出家した二条。「とはずがたり」の後半は女西行とも言うべき、法衣姿の彼女の紀行が記されています。

現代語訳ではなく、別標題の小説にしたことによって、親しみ易い物語となりました。登場人物の台詞などをたどっていくと、目の前にその人たちが現われてくるよう。そして何より、性描写の巧みさには、「女得」「色得」もそうでしたが目をみはってしまいます。終盤の後深草院崩御の場面では男性自身を柔らかな子鼠と表現していました。「手毬」では良寛のそれを生まれたての子猫と示していたと記憶していますが、このような描写は女の眼から見た特有なものだろうなぁと、しみじみ思うのです。