醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕銀世界

f:id:mia-nohara:20170324101656j:plain

  • 水が濁つて
  • 旅人をさびしうする
  • 山頭火

f:id:mia-nohara:20170324054009j:plain

起きたら銀世界だった。再び銀河鉄道で、滝沢市へ向かう。滝沢市はつい最近まで、日本で一番人口の多い「村」だった。人口は約5万人。2014年に滝沢村から市へと変わった。そこにできたばかりの、ビッグルーフ滝沢を視察する。

f:id:mia-nohara:20170324144105j:plain

f:id:mia-nohara:20170324144225j:plain

林檎の木箱をモチーフにした家具。春休みの子どもたちが、あちこちで集まって宿題をやっていた。

九時から三時まで市街行乞、行乞相はわるくなかつたが所得はよくなかつた。
此宿もうるさい、早く平戸から五島へわたらうと思ふ、それにしても旅はさみしいな、行乞もつらいね。
塩湯にゆつくり浸つてから二三杯かたむける、ありがたい。

[種田山頭火 行乞記 (二) 一九三一(昭和六)年]

タクシーで盛岡へ出て、新幹線で帰る。東京駅の五右衞門でウニとイクラのパスタ、白ワイン一杯。帰宅したら『夜廻り猫』の2巻が届いていた。嬉しい。赤ワインとスルメ、ゴルゴンゾーラベビーチーズ