醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明 @mianohara

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕飲み会は好きじゃない

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20180317211359j:plain

  • がらくたを捨てるところ
  • 椿の落ちるところ
  • 山頭火

酒は好きだが、飲み会は好きじゃない。

最初はビールで乾杯、だとか。
こだわりの日本酒の銘柄とうんちく、だとか。
テーブルにずらりと並ぶ大皿の料理、だとか。
次々に増えてくるメンバー、だとか。

どれも出来れば遠慮したい。

安酒を自分のペースでササッと干して、好きなときに帰れるのがいい。

花ぐもり、雨となつた。
今朝はさすがの私も飲みたくない、飲めない、飲みすぎ食べすぎのたたりで気分がすぐれない、午前中は山野を逍遙した。
酒には溺れるべし、それ以上を求めるのは間違なり。

種田山頭火 其中日記 (三)

目が覚めると、本を持ったままのんびり風呂に入る。
今読んでいるのは瀬戸内晴美の『かの子繚乱』。

かの子撩乱 (講談社文庫)

かの子撩乱 (講談社文庫)

すごく分厚い文庫だ。辞書みたいに。
岡本かの子が小説家として大成するところまで来た。
かの子の死まで、あとわずか。

ジロウと家を出る。
御成スタバは長蛇の列。
諦めてそのままヒグラシへ行く。

観光で来たらしい外国人3人組みと、二十代6人組み。
土曜の早い時間のヒグラシは若者で賑わっていた。
マグロ中落ち、鶏の柚子胡椒焼き。
釈迦へ移動。しこたま呑みすぎる。

酔った勢いで、98円の巨大な白菜を買って帰る。
家に帰ってからもスルメでまだ呑む。