醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明(@mianohara)

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

長野県図書館協会公共図書館長会議の講師を務めました

 
 野原 海明 はてなブログPro  

f:id:mia-nohara:20180527123634j:plain
撮影:平賀研也

2018年5月25日(金)、長野県飯山市で開催された平成30年度長野県公共図書館館長会議にて、「図書館の管理・運営人材育成(指定管理者制度も含めて)」の講師を務めさせていただきました。

会場となった公民館講堂には、長野県全域の公共図書館の館長さんたちがずらりと。


f:id:mia-nohara:20180527124043j:plain
撮影:平賀研也

た、大変緊張しました……。

以前執筆を担当した『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)第19号の特集「図書館の指定管理者制度を問い直す〔序論〕」をもとに、指定管理者制度が導入された経緯などの概論をお話しました。

mia.hateblo.jp


NPOの指定管理者として、鹿児島県指宿市立図書館で館長を務める、非営利特定活動法人人と本をつなぐ「そらまめの会」代表下吹越かおるさんと共に登壇。現場の声は、やはりずっしりと胸に響きます。

コスト削減にはならない、図書館の指定管理者制度

直営を選ぶにしろ、指定管理を選ぶにしろ、「自分たちの自治体にはなぜ図書館が必要なのか?」というビジョンをしっかり持つのが最も大切なことだと思います。