醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

白濁(四十一)

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20181004143111j:plain

暗い夜の中に部屋の壁も窓も何もかも、境目という境目は全部消え去って、夜空の星が頭上にも体の下にも広がっている。そのなかにタケシさんの体の形をした熱があって、私の体の片面はその熱を感じ続けたまま、果てしない夜のなかに浮いているのだ。

そんなふうに、誰かと抱き合ったことはなかった。私は彼のものをこすったり咥えたりする必要はなく、窮屈なストッキングやハイヒールを履く必要もなく、ただ何一つ纏わず、体の力を抜いているだけでいいのだ。


続きは下記リンクからどうぞ。

mianohara.goat.me