醒メテ猶ヲ彷徨フ海

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

縦書きもできるブログサービス「g.o.a.t」(ゴート)で小説執筆がはかどりそうな予感がしている

小説をWeb上で公開できる場が増えてきた。
noteエブリスタなら、有料設定にもできるし、小説好きの目にも留まりやすい。
でも、サイトのデザインがあんまり好きじゃなかった。

noteはパソコンのブラウザだとフォントが選べないし、エブリスタは携帯小説みたいにページが細切れになってあまり好きじゃない。

そんななか、すごく気になるブログサービスがある。
株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズが提供するブログサービス「g.o.a.t 」(ゴート)だ。

www.goat.at

g.o.a.t は、「Greatest of All Time」(史上最高)の頭文字。
Instagramのようにビジュアルを重視するというコンセプトでつくられており、ユーザーが投稿した記事はサービス内では「スナップ」と呼ばれる。

なんと、縦書きのテンプレートもあるのだ。
こちらは、パソコンのブラウザで見たところ。


f:id:mia-nohara:20180615134604j:plain


スマートフォンでも、サイズが調整されて、縦書きのままきれいに表示される(下記のリンクから読めます)。

mianohara.goat.me

実は、はてなブログにも縦書きで表示できるカスタムデザインがあった。
長いこと愛用していたけれど、どうしてもブラウザが限定されるし、スマートフォンではきれいに表示されなかった。
だから、スマホでも縦書きで見られるというのはすごく画期的に感じる。
やっぱり、小説は縦書きだとうれしい。


小説を書くには心が踊る環境が必要だ。
万年筆に原稿用紙。学習ノートにサインペンでもいい。
初めて触ったワープロには興奮した。自分の言葉がその場で活字になるのだ。

やがてワープロがパソコンになり、一太郎の「リラックスビュー」で書くようになる。
リラックスビューは、画面の背景に美しい写真が設定できる機能だ。これもなかなかよかった。

WindowsからMacに切り替えると「Ommwriter」を使うようになった。
雪景色のような背景に控えめなBGMと、タイプライターや雨音を模したタイプ音。

ommwriter.com


でも最近、そういう環境がなかなか無いと思っていた。
パソコンはWindowsに戻してしまったし(OmmwriterはMacでしか使えない)、Wordだと事務仕事をしているみたいで嫌だ。
Evernoteスマートフォンでも同期して書きためられるから便利だけれど、書いていてそんなに気分は上がらない。

でも、g.o.a.t だったら気持ちよく書けるんじゃないかと、ちょっと思っている。