醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕鎌倉ヒグラシ文庫メンズデーに潜入する[有高唯之×斎藤紘一]

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20181107123807j:plain

いつ頃からか、また小さい蜘蛛が網代笠に巣喰うてゐる、何と可愛い生き物だらう、行乞の時、ぶらさがつたりまひあがつたりする、何かおいしいものをやりたいが、さて何をやつたものだらう。

種田山頭火 行乞記 (一)


長月廿八日、雨。

ここのところの眠さときたらすさまじい。22時には布団に入るのに、昼過ぎまで目が覚めない。幾つも幾つも、濃い夢ばかりを見る。此岸より彼岸のほうが近づいているのだろうか。

これだけ寝てばかりのときは、何かがガラリと変わる変革の合図だ。去年の今頃も、ちょうどそんな感じだった(サムネイルの写真が暗い。暗すぎる……)。

mia.hateblo.jp


16時過ぎにようやく起きる。溜まっていた日記を更新する。


ヒグラシ文庫へ行く。今日は写真家の有高唯之氏と、フォトエディターの斎藤紘一氏によるイケメンメンズデーなのだ。

f:id:mia-nohara:20181107130909p:plain

出典:ヒグラシ文庫(Facebookページ)

f:id:mia-nohara:20181107131118j:plain

いろいろ堪能しました。