醒メテ猶ヲ彷徨フ海|野原海明のWeb文芸誌

野原海明(のはら みあ)のWeb文芸誌

〔日記〕「わたしのきんいろ手帖 2019」リッチゴールドにするかシャンパンゴールドにするかすごく悩む

 
 野原 海明 はてなブログPro    

f:id:mia-nohara:20181117123803j:plain

朝酒、何といふうまさだらう、いゝ機嫌で、昧々さんをひつぱりだして散歩する、そして宇平居へおしかけて昼酒、また散歩、塩風呂にはいり二丘居を訪ね、筑紫亭でみつぐり会の句会、フグチリでさん/″\飲んで饒舌つた、句会は遠慮のない親しみふかいものだつた。

種田山頭火 行乞記 (一)


神無月九日、晴れ。

断酒をあえなく断念したわけだけれど、まあひとまず「たくさん呑むのがカッコイイ」という酒豪ぶりっ子は終わりにしよう。

7時過ぎに起きる。ゴミ出しはなんとか間に合った。頼まれていた原稿を書く。

昼にまた経木の納豆をご飯にかけていただく。味噌汁は白菜とツナのファンシー缶。コバカバで買った麦味噌の味噌汁に意外とツナ缶がよく合った。

原稿の続き。ほぼ完成。

小説「白濁」の再構成を始める。まずは一太郎のセッティングから。気に入る見た目になるまで結構かかった。気を取り直して掃除、瞑想。

日記と途中まで書きかけて、ジロウと家を出る。…...が、財布を忘れたことに気づいて一人戻る。

たらば書房に寄って、服部みれいの「わたしのきんいろ手帖 2019」をゲットした。発売日とともに手元にやってきてくれてうれしい。

murmur-books-socks.com


カバーはリッチゴールドとシャンパンゴールドの2色があって、それぞれ栞の色も違う。ネットの写真で見たときは、いかにも金色って感じのリッチゴールドがいいかなーと思っていたけれど、実物はシャンパンゴールドの方も「きんいろみ」を結構感じる。ちょっと迷って、両方手に取って見たけれど、最初の直観でぴんときたシャンパンゴールドの方を買う。

御成スタバでジロウと待ち合わせ。さっそく手帖を取り出していそいそと書き始める。しかし、インタビューの記事を見返して、

リッチゴールドは「豊かさを引き寄せる」、シャンパンゴールドは「内なる魅力を引き立てる」というキャッチフレーズをつけているんですが、来年の気分とフィットするのはどちらか、考えてみるのもたのしいですよね。

vol5. 手帖2019インタビュー1 – mm books

という意味がそれぞれあるのだと知り、「だったらやっぱり私はリッチゴールドだったかなぁ、むーん」と後悔しながら、御成スタバでコーヒーを飲む。

「もういちど、たらば書房でリッチゴールドの現物を見よう。やっぱりリッチのほうだと思ったら、2冊になっちゃうけどリッチゴールドも買おう」と決意。帰りにもう一度立ち寄ってリッチゴールドを手に取ってみる。

ああ、やっぱりシャンパンゴールドでよかった。こっちのほうが月の光みたいで好みだ、と納得して店を出る。ちなみに、2018年版もシャンパンゴールドを使っていました。


東急でお酒とスルメ、小松菜、長ネギ、ヤゲン3本、鶏皮2本を買って帰る。焼き鳥とスルメをつまみにちょっと呑みつつ、『大奥』を読み返す。

讃岐うどん(長ネギ入り)をつくって〆とする。しばし手帖をひらいて書きものをしてから寝る。